Bio Life

-美と食を愉しむ暮らし-

<外食が増えるクリスマスや年末も安心!>脂肪を燃やす身近な食べもの12選。

おはようございます。

 

皆さま、そろそろ忘年会やホームパーティーなど、飲食の機会が増えますでしょうか^^

 

主人は、現代人にありがちな、ストレスによる高血圧予備軍と内臓脂肪過多。年齢の割に数値が高すぎるため、私もとても心配です...そして、本人も下腹部を気にするようになってきました^^;

とは言え、お仕事のお付き合い?で、12月から年明けは飲みの席が増えるばかり、益々お腹周りが気になるようになるのではないかなと思います。笑

 

f:id:bio-life:20181207204337j:image

 

 

皆さまは、体型のお悩みはございますでしょうか。

 

せっかくこれから、これからクリスマスやお正月と、美味しいものを頂く機会が増えるのに、体型を気にして楽しくお食事をいただけないのはもったいないです。

そこで本日は、ご周知の方も多いものばかりですが、「消化を良くし、満腹感をもたらし、代謝も上げてくれる!」そんな夢のような食べものについて、改めてまとめてみたいなと思います。

 

 

脂肪を燃やす身近な食べもの12選

1)タンパク質が豊富な無脂肪の「乳製品」

 

朝食に乳製品を食べると、身体が栄養を必死に取り込もうとエネルギーを消費すると言われております。

そのため、体内の脂肪を燃やしてくれ、また、タンパク質を豊富に摂ると、ランチ前11時頃に小腹が空くことも避けられ、間食を控えることができます。

 

2)オートブラン

ご存知の方が多いかと思いますが、オートブランは食物繊維が豊富なため、満腹感が得られ、さらに、胃腸内をゆっくりと移動するため、急激な血糖値上昇を抑えててくれます。

そして、先述致しました、「乳製品」との相性も抜群のため、組み合わせて取り入れやすい食べものかもしれません。 

 

f:id:bio-life:20181207204956j:image

 

 

 

3)唐辛子

唐辛子は、体内に入った瞬間から、体温が上昇し、代謝があがります。

ですが、それだけ刺激が強いということなので、辛いものがお好みでも、過剰摂取には要注意が必要です。

 

4)シナモン

血糖値を下げることが期待されている「シナモン」。

血糖値が高いと脂肪の蓄積が増えてしまうので、身体に余計な脂肪を溜め込まない身体作りにはとてもお勧めです。

 

f:id:bio-life:20181207202904j:image

 

5)お酢

お酢もシナモン同様、血糖値をコントロールしてくれるもの。

サラダにドレッシングの代わりにかけるのもおすすめ。さらに、以前綴らせていただきました、老化の原因である体内の「糖化」予防のために、揚げ物や焼き物にかけるなど、お酢を取り入れた暮らしを少しだけ意識していただけましたら嬉しいです^^

 

www.biolife2.com

 

 

6)低脂質の「お肉、お魚、卵」

乳製品と同様に、特に低脂質のタンパク質は、身体に取り込む際に多くのエネルギーを必要とするため、脂肪を燃やすのに大変おすすめです。

 

7)レモン

レモン含まれる"クエン酸"は、脂肪を燃やすのを助けてくれます。

また、レモンを食べると消化酵素の働きをサポートしてくれる肝臓内の胆汁の生成が促されるため、1日を通し消化を助け、身体に適度な刺激を与えてくれます。

また利尿作用もあるため余計な水分も排泄できデトックス効果抜群の食べもの。

毎朝、起き抜けにレモンを加えたお水を飲むだけでも、想像以上に、脂肪燃焼とむくみ解消の効果を感じることができるかもしれません。

 

f:id:bio-life:20181208202926j:image

 

8)りんご

間食におすすめなのが、りんごです。

食べ物の脂肪分を吸収されにくくする働きがあると言われており、脂肪の蓄積を防いでくれます。

 

9)緑茶

利尿効果があるため水太りなどの、むくみが気になるときにもお勧め。

その他、緑茶に含まれるタンニンが脂肪の吸収を抑えてくれます。

 

10)コーヒー

カフェインには脂肪燃焼効果がございます。

ですが、過剰な摂取は、不調を引き起こす原因にもなり兼ねますので、コーヒーは一日3杯程度にしていただけましたら幸いです。

 

f:id:bio-life:20181207202815j:image

 

11)わかめ

わかめに含まれる"フコキサンチン"は、脂肪を燃焼させる成分。

お腹周りに付いた脂肪を体温として燃焼し発散してくれると言われております。

 

12)きのこ

食物繊維が豊富で腸内環境を整えるのにもお勧めのきのこ。この、きのこに含まれる"キノコキトサン"は、脂肪の吸収を抑えて、排出を促す働きがあります。特に多く含まれているのが、エノキダケです。

また、エリンギとマイタケには、ビタミンB群が豊富なため、代謝のサポートとして働き脂肪を蓄積しにくい体質へと導いてくれます。

 

f:id:bio-life:20181207225514j:image

 

いかがでしたでしょうか。

皆さま、ご存知のこと、そして身近なものばかりだったかと思いますので、すぐにでも日々の暮らしに取り入れやすいかなと思います。

今回は、上記食材について、脂肪燃焼にのみフォーカスして綴らせて頂きましたが、皆さまご周知の通り、これらの食べものには、他にも様々な嬉しい効果が期待されております。

 

また、上記の"10の食べもの"が脂肪を燃やすのに最適と言われておりますが、自分に合うかどうかは別物です。

さらに、摂り入れることがストレスになってしまうのも本末転倒です。

 

私も、上記の中で、自分に合わない食べ物がいくつかあります。そして、主人や息子は私とは違います。

「家族や自分に合うものを。」

「負担なく取り入れられるものを。」

個々に合うものをセレクトしていきたいなと思います。

 

好きなものを食べることに罪悪感を持つよりも、またリセットする方がずっと気持ちが良いかもしれません。身体を温め、調子を整える方法を見つける。自分に合ったリカバーする方法を知れば安心です。

 

その選択肢の一つとして、脂肪を燃やすのに最適な食べものを積極的に頂き、身体に脂肪が蓄積されるのを妨げる身体づくりをされてみませんか。

 

皆さまの、美しく健やかな暮らしに、少しでもお役立てできましたら幸いです^^

 

f:id:bio-life:20181207204241j:image

 

 

◇いつも、★やブックマーク、コメントを下さりありがとうございます。

> id:centeroftheearth  さん、

スムージーがお好きでしたら、週末だけジュースクレンズ。なんて、ゆるーくお試しされてみるのも良いかもしれませんね^^

 

> id:sufuretan さん、

水分のみで元気になれないくらいお疲れの時は...お野菜やフルーツの栄養がたっぷりと摂れる、フレッシュなグリーンスムージーを作ってみるのも良いですね!

私は、スムージーを作るのは少し面倒なので...今の時期だと、疲れた朝は”みかん”を頂いています。水分+ビタミンC!笑

 

> id:bellbelona39  さん、

食後のデザートにフルーツ。ではなく最初に頂いた方が負担なく消化してくれます^^

血糖値が気になる方は、お野菜→フルーツというイメージでお食事されると良いかなと思います。コールドプレスジュースをご提供されているカフェが、リシュさんの、お近くにあると良いなぁ★

 

> id:lepommier8161014 さん、

お料理の大好きなひよさんご夫婦でしたら、手作りでフレッシュジュースを簡単に作れそうです!

朝食のジュース...賛否両論ありますよね。私も、フルーツの摂りすぎや血糖値のことが気になるので、朝のジュースは控えています。お野菜たっぷりの、グリーンスムージーを作れる元気が復活したら再開したいなと思います^^

朝はデトックスの時間なので、身体のために、消化しやすいものを食べてあげる。これだけでもクレンズライフの第一歩かもしれませんね!

 

> id:nextzone さん、

わぁーー!さすが、ご存知なのですね^^ 広尾店は行かれたことありますか?ヴィーガンバーガーが気になりながら、ずっと伺ったことがなくて...笑

 

> id:cloudsalon さん、

本当に凄いこだわりですよね!ここまで丁寧に育てたお野菜を厳選されて作るジュース...少し価格がお高くても納得です。

 

> id:yu___hi さん、

ジュースクレンズ、気になりますよね!身体のリセット、心まで清らかになりそうです^^

 

> id:saya38sigin さん、

そうですね!あともう1店舗お勧めのジュースバーさんがありますが、私もクレンズをいつかやりたいので、その際には、老舗のSky Highさんにオーダーすると思います^^

 

それでは皆さま、本日も良い週末となりますように...

 

 

▼▽ランキングに参加しています▽▼

↓画像をクリック頂き、いつも温かい応援をありがとうございます^^

とても励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

 

↓「暮らし」に役立つノウハウが満載。

おすすめ情報満載のブログメディアなのでご参考にしていただけましたら嬉しいです。

 

皆さまからの応援のおかげで、Blogを通し、より多くの方へ想いをお伝え出来ることを、心より感謝申し上げます。 

 

本日も、最後までお読み下さり、ありがとうございました。

(この行を消して、ここにピザのエピソードを書いてください)