Bio Life

-美と食を愉しむ暮らし-

ハロウィンにもおすすめ!白砂糖、卵・乳製品不使用の「かぼちゃプリン」の作り方。

おはようございます。

 

明日10/31は、ハロウィン。

皆さま、仮装パーティーやお菓子作りなどをされるご予定はございますでしょうか。

 

本日は、ハロウィンにもおすすめ、卵・乳製品を使用しないかぼちゃを使ったヴィーガンスイーツのご紹介をさせて頂きたいなと思います。

 

f:id:bio-life:20181030081853j:image

 

こちらは、お砂糖、卵や乳製品も使用しない、スパイスたっぷりの、かぼちゃプリン風 ”パンプキンカスター”です。

 

お子様も喜ばれる!ハロウィンに作りたい身体に優しい「かぼちゃプリン」の作り方

<材料>

・水切りした木綿豆腐 1丁

・蒸したかぼちゃ 250g

・バナナ 1本

・豆乳 130g

・玄米甘酒 20cc

・葛粉 10g

・チャイスパイス お好みで

 

<作り方>

①豆乳に葛粉を入れて良く溶かす

②かぼちゃは皮を剥きマッシュし、滑らかにしたお豆腐と良く混ぜる

③ ②に、チャイスパイス以外の材料を全て加え良く混ぜ、耐熱皿へ流し込む(お好みでチャイスパイスをふりかける)

④180℃に予熱したオーブンで、20分程度、表面に少し焼き色がつくまで焼く

 

白砂糖を使わず、バナナと玄米甘酒の甘味で作るスイーツは、

子供が食べても安心のスイーツです。

 

f:id:bio-life:20181030080317j:image

 

10/31が"Halloween(ハロウィン)"と呼ばれる理由。

いつの日か、日本でも定着されていた”Halloween(ハロウィン)”。

ハロウィンは、キリスト教の祝日「万聖節」(日本のお盆のようなものです)11/1の前夜祭で、古代ケルト人が起源と考えられているお祭りのことです。

その昔、ケルト人の1年の終わりは10/31でした。

この日は秋の収穫を祝う収穫祭が行われていましたが、この1年の終わりの日の夜には、死者の霊がこの世に戻ってきて、黒猫を連れた魔女や悪霊が悪さをするとも信じられ、秋の収穫を祝うとともに、悪い霊を追い払う宗教的な意味合いのお祭りも行われていたのです。

Halloween”の語源は諸説あるようですが、カトリック教会で11/1に祝われる「諸聖人の日」の前晩にあたることより、神聖な「hallow」+夜「evening」が合わさり「Halloween」と呼ばれております。

 

ハロウィンにスイーツを作られるご予定の方。

皆さまも、発酵食品を上手に使用し、

身体に優しいスイーツをいただいてみませんか^^

 

 

◇昨日も、★やブックマーク、

コメントを下さりありがとうございました。

> id:centeroftheearth さん、

少しでもお役立てできましたら幸いです^^栄養面を考えた切り方の工夫は、私も実践したいなと思っています。

 

> id:lepommier8161014 さん、

ココナッツが苦手なのですね...残念です。

お伝えして良かったです^^

 

> id:MT6538 さん、

本当ですね...ここまでお野菜の栄養価が落ちているとは、私も知った時は驚き悲しくなりました; ;

 

> id:GUUMI さん、

お野菜好きなご家族なのですね!

栄養面に関しては本当に残念です...ですが、土からこだわり丁寧に作られている農家さんもいらっしゃるので、応援していきたいなと思います^^

 

> id:nextzone  さん、

アリシンは、時間差によって香りや栄養価も変わってくるので、エチケットの面でもニンニクやニラの匂いを調理法で調整できるのが嬉しいですね^^

 

> id:sousakubito さん、

本当ですね!美味しいお野菜を愛情込めて作って下さる農家さんに感謝をし応援したいです^^

 

それでは、

皆さま、本日も良い1日でありますように...

 

▼▽ランキングに参加しています▽▼

↓いつも温かい応援ポチを、ありがとうございます^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ 

 

↓「暮らし」に役立つノウハウが満載。

とても楽しい、お勧めのブログメディアです。

 

皆さまからの応援のおかげで、Blogを通し、

より多くの方へ想いをお伝え出来ることを、

心より感謝申し上げます。 

 

本日も、最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

今週のお題「ハロウィン」