Bio Life

-美と食を愉しむ暮らし-

材料2つを混ぜて茹でるだけ!子供と作る「デトックスお団子」

おはようございます。

 

連休はゆっくりお休みできましたでしょうか。

母の体調はまだまだ悪く、心配な日々です。

 

さて昨日9/24はお月見。

息子は、

「お月さまには、"ロバ"がいたー!」

と、満月を見られたことを喜び、

つきのひみつ」の本を何度も読み

月の"満ち欠けや環境"について学ぶ、

そんな十五夜を過ごしました^^

 

そして、食べることが大好きな息子と

お団子を作り、美味しく頂きました。

 

 

f:id:bio-life:20180924155004j:image

 

米粉で作る「デトックスお団子」

お団子の材料はたったの2つ。

混ぜて、茹でるだけの簡単なスイーツです^^

 

【材料】

・無農薬玄米粉 100g

・有機絹ごし豆腐 100g 

 

【作り方】

①玄米粉に絹ごし豆腐を崩しながら加え、滑らかになるまで良く混ぜる 

f:id:bio-life:20180924222535j:image

②白玉を作るように丸める

(今回はスプーンで落とし茹でたので、"すいとん"のようになりました^^)

 

 ③お鍋にお湯を沸かし、沸騰したら玄米ボールを入れ、

浮かんできたら2〜3分加熱してザルにあげる 

f:id:bio-life:20180924222544j:image

 

上記のお団子のベースに、お好みの甘味を加えたり、

みたらし風、きな粉やあんこを添えるなどアレンジも自由!

 

昨日は、プチプチ食感にするために、

アミノ酸、タンパク質、鉄分、カルシウム、食物繊維などが豊富な

栄養満点の穀物テフ」を加え、

半分は、息子と私の大好きな甘いお野菜「ビーツ」のパウダーを加えた

ベジ団子を作りました。 

 

f:id:bio-life:20180924222553j:image

 

息子と一緒に学んだ2つのこと。

本を読んだり、お団子を食べながら

十五夜」の意味について伝えたり...

と、お月見を通じ、”お月さま”や”秋の風物詩”に

ついて学べる、よい機会となりました。

 

 

十五夜中秋の名月)とは。 

十五夜には、"満ち欠けする月の様子"や

"作物が月の満ち欠けとともに成長する"ことから、

 ◆農作物の収穫

 ◆ものごとの結実

 ◆祖先とのつながり

 それぞれに感謝をし、祈るようになりました。

 

そして、月の満ち欠けにより日付を決めているため、

十五夜は、旧暦で8/15(現在の新暦9/15)を意味します。

また、旧暦で"秋"は7月~9月

旧暦の十五夜8/15は、旧暦の秋の真ん中にあたるため

中秋」と呼ばれています。

 

 どうしてお月見には、お団子を飾るの?

十五夜のお月見は、野菜やお芋、お米が獲れたことを祝うお祭り。

もともとは、里芋をお供えしていたのが、

お団子になったとも言われています。

 

 

息子とさまざまな行事を過ごすことで、

私自身が、多くのことを学べる機会をもらえる。

子供に成長させてもらっていることを痛感することにも

感謝したいなと思える、そんな十五夜の日となりました★

 

◇いつも、★やブックマーク、

コメントを下さりありがとうございます。

> id:momongaa394 さん、

手作りアロマスプレーの使用期限は、

私が昨年参加したアロマのセミナーにて、

半年程度使えると教えて頂きました。

簡単に作れるので、少量ずつ作り

さまざまな香りを愉しんでおります^^ 
 
> id:MT6538 さん、

いつも共感して頂き、そんなお言葉をくださることが、

とても嬉しいです^^

もし、匂いに鈍感?でも、

香りを吸い込もうと深く呼吸をすることが

少しでもリラックスに繋がっていきそうですね!

機会がございましたら、

香りのある暮らしもお試しされてみてください^^

 

> id:tukkoman さん、

確かに、私も自分が子供の頃には、

「アロマスプレーを作ること」...と言うより、

アロマのある暮らし自体、皆無でした^^

 

 

それでは、皆さま、

今週も良いスタートとなりますように...

 

▼▽ランキングに参加しています▽▼

↓いつも温かい応援ポチを、ありがとうございます^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ 

 

↓「暮らし」に役立つノウハウが満載。

とても楽しい、お勧めのブログメディアです。

 

皆さまからの応援のおかげで、Blogを通し、

より多くの方へ想いをお伝え出来ることを、

心より感謝申し上げます。 

 

本日も、最後までお読み下さり、ありがとうございました。

お題「今日のおやつ」