Bio Life

-美と食を愉しむ暮らし-

<秋美容>砂漠を生き抜く"サボテン"の力。

おはようございます。

皆さま、台風被害には遭われておりませんでしょうか。平穏にお過ごしされていることを願っております。さて、夏にたっぷりと紫外線を浴び、お肌もお疲れ...乾燥はしていませんか。台風が去り、また強い日差しが続きそうですので、保湿をしっかりしたいなと思います。

そこで本日は、強くたくましく育つ植物に着目されて作られたナチュラル&オーガニック メイクアップブランドのオイルをご紹介させていただきたいなと思います。こちらは、"to/one(トーン)"さんのオイルです。 

f:id:bio-life:20180903174100j:image

オーガニックコスメ "to/one(トーン)"さんの魅力とは。

 to/one(トーン)さん は、2018年春にデビューされた、ナチュラル&オーガニック メイクアップブランド。過酷な砂漠でたくましく生きる「サボテン」の力に着目しスキンケア商品を開発されております。潤いを抱え込みロッコの砂漠を生き抜く、"ウチワサボテン"。中でも、2つのオーガニック認証を取得した、希少価値の高いモロッコ産"ウチワサボテンオイル"や美しく咲くお花のエッセンスを配合し作られております。

f:id:bio-life:20180903174422j:image

オイルの使用感は、さらっとして浸透しやすいので、すぐに肌が潤い、もちもち肌になるような気がします。また、使用されているお花は、香りが明るい気分に導くと言われる"フランスラベンダー"や肌の状態をすこやかに整える"ローズ"、そして"サクラ"、"エーデルワイス"といったフラワーエキスがたっぷりと配合されており、 高い保湿力で、みずみずしく、美しいトーンへとお肌を整えてくれます。to/one(トーン)さんの商品は、使用感はもちろん、可愛らしいボトルな点も魅力に一つ!また、ベルガモットや私の大好きなイランイランやゼラニウムなど、フレッシュなシトラスブーケのような爽やかな香りに癒されながらスキンケアを楽しむことができます。

f:id:bio-life:20180904203747j:image

また、スキンケアだけでなく、お肌に優しく&綺麗な発色のコスメも多数ございますのでご興味のある方は、ぜひお試しされてみてください^^

お化粧品に大切なのは"オイル"です!

数あるスキンケアラインナップの中で、なぜオイルをご紹介させて頂いたかというと先日のオーガニックコスメのご講演で「お化粧品におけるオイルの位置つけはとても重要である」というお話をお伺いしたためです。

オイルの役割は大きく2つ。

①外気の感想やメイクによって不足しがちな皮脂を補うこと

②皮脂の酸化を防ぎ、肌バリアを強化すること

ところで"肌バリア"と良く耳にしますが、肌バリアを強化するとどのような良いことがあるのでしょうか。

肌バリアを整えることが美肌への近道。

肌バリアの役割は、

①肌表面からの異物の侵入を防ぐ

②体内の水分の蒸発を防ぐ

③紫外線をある程度反射させる

こと。つまり、お肌を外部からの刺激や異物から守り、更にお肌の水分を閉じ込めて潤いのあるみずみずしいお肌をキープしてくれるバリア機能です。そして、紫外線をも反射させてくれるためこのバリア機能を高めることで、日焼け対策にも繋がります。このような重要な役割をになっている肌バリアは、お肌の構造では、お肌のもっとも表面にあり、ラップと同じくらいの薄さの"角質層"とそれを覆う"皮脂膜"を示し、とても薄くデリケートです。だからこそ、先述致しましたように、肌バリアを強化してくれるオイル選びは重要であり、コスメに使用されているオイルにも気を遣うことで、よりお肌を整えてくれることに繋がります。

f:id:bio-life:20180904231328j:image

皆さまのご使用されているお化粧品に使われているオイルは車用ワックスのような化学的なものではありませんでしょうか。化学的に作られたオイルを日々使用していると、保湿効果はあっても、栄養は不足していたり、また、長期的に見ると、お肌に害になることもあるそうです。だからこそ、個人的にお勧めしたのが、やはりオーガニックの植物オイルです。良質な植物オイルは、栄養価や抗酸化力も高く、お肌の自然治癒力を高めてくれます。女性だけでなく、男性も美意識が高まる昨今。 本日ご紹介させていただきましたナチュラルコスメブランド to/one(トーン)さんの商品を始め、お気に入りの植物オイル探しをお愉しみ頂けましたら嬉しいなと思います。余計なものでカバーを重ねるのではなく、自身の肌バリア機能を高め、素肌を整え、美肌をキープする。ご一緒に、ナチュラルなスキンケアをしませんか^^

本日も、最後までお読み下さり、ありがとうございました。