Bio Life

-美と食を愉しむ暮らし-

息子が"牛乳"を飲むこと。


ads by google

おはようございます。

 

皆さまは、朝起きて、何をお飲みになられますでしょうか。

 

私は白湯を、そして息子は牛乳(と白湯)を飲んでおります。

そこで本日は、"牛乳を飲むこと"について

綴らせていただきたいなと思います。

 

f:id:bio-life:20180805231744j:image

 

1週間ほど前から、息子の身体には湿疹が出ています。

汗疹かな...。

幼稚園のプールが原因かな...。

と思いながら様子をみておりますが、

その間、ずっと考えていたこと。

 

それは、

ランチに牛乳を飲んでいること、が

先週から、とても気がかりだったのです。

 

夏休みが始まり、1週間後くらいから湿疹が

出てきたため、幼稚園生活と夏休み中の生活での

違う点について考えながら過ごしていたのですが

やはり牛乳のことがとても気になっていました。

 

 

f:id:bio-life:20180805150713j:image

 

固定概念から牛乳をたくさん飲ませていたこと。

旧Blogにて少し綴らせて頂いたため、

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

1年前まで私は、

「子供の丈夫な体つくり&骨作りには

牛乳を飲むことが良い!」

という固定概念により、息子の朝食と昼食に

牛乳をたっぷりと飲ませておりました。

ですが、ある時"牛乳を子供に飲ませること"について

疑問を持ち始めました。

 

牛乳を過剰に飲ませることを辞めた理由

子供の健やかな成長のために。と、

過剰に牛乳を飲ませることを辞めた理由は

4つあります。

 

①そもそも「牛乳」は牛の赤ちゃんのものであること。

また、その牛は、生後より牛乳をのみ、

短期間で体は大きくなりますが脳は小さいままなのです。

脳の発達期でもある息子(乳幼児)に、

牛乳を飲ませるのは適切ではないのかもしれないなと思いました。

 

f:id:bio-life:20180805230824j:image

 

②母乳は赤ちゃんが飲むもので、

大人になっても飲み続ける人はおりません。

けれども、赤ちゃんの飲み物であり、

まして、"牛の赤ちゃんの飲み物"である

「牛乳」を、私達が飲むということは、

食性と言う観点からも不自然かもしれません。

 

③本来、搾乳は出産後の雌牛から行います。

しかし、牛乳の生産量を増やすために、

品種改良や人工的なホルモン投与し、

出産後の雌牛以外からも搾乳する事により、

通常の5倍量の牛乳を生産しているそうです。

 

f:id:bio-life:20180805230847j:image

 

こうして搾乳された牛乳には、牛に投与された

人工的なホルモンが濃縮されているため、

それを飲んだ私達のホルモンバランスが崩れてしまうと

言われております。

 

④Ca カルシウムの働きは、Mg マグネシウムとのバランスが重要です。

理想的な割合は、Ca:Mg=2:1 。

ですが牛乳に含まれる割合は、Ca:Mg=11:1

つまり、牛乳を過剰に飲むとMgマグネシウム不足を招き

骨が脆くなってしまいます。

更に、飲めば飲むほど骨折が多発してしている、

という文献もあるそうです。

ですので、牛乳を飲む際は、カルシウムとマグネシウム

バランスに優れている食材"玄米・青菜・大豆”を用いた

お食事と一緒に摂ると良いかと思います。

 

このようなことを知って以来、

息子が牛乳を飲みたがるので、

"牛乳断ち"とまではしておりませんが

飲む量を、当時の半分以下に減らしております。

 

そして現在では、幼稚園が始まり、

お給食ではお茶が出る事が多く、

牛乳は週に1回程度の配給なので、安心しておりました。

 

ですが、息子の食習慣により、

お家ではランチ時に牛乳を飲みたいと言うので、

渋々牛乳を飲ませていたのです。

 

この事が、心のどこかで引っかかり続けていると

やはり息子の身体に湿疹が出てしまいました。

1年前までの牛乳をたくさん飲んでいた頃のような湿疹のため、

息子は、やはり牛乳があまり合わない体質なのでは

ないかなと思います。

 

そこで、息子に

"牛乳を飲むのは朝食だけにしたいこと"を

相談したのですが、どうしても

「いやだ、ランチでも飲みたい!!」

というので、朝とお昼共に、牛乳の量を減らす事で

納得してもらいました。

 

f:id:bio-life:20180805150724j:image

 

本来、乳牛は放牧された自然の牧草を食べているのが理想的です。

しかし、大量生産のために狭い牛舎に閉じ込められ、

更にエサとして、遺伝子組み換えをされた

外国の穀物(小麦やトウモロコシ)を与えられている

可能性もあります。

その影響で、牛乳の過剰摂取が、

アトピーや喘息など、さまざまな病気の原因に

繋がるとも言われております。

 

息子の湿疹の原因が牛乳だけとは限りません。

ですが、様々な情報が確定していることではなくとも、

少しでも気がかりになることは控えたいと思います。

 

とは言っても、息子の飲みたがる牛乳を

辞めさせるつもりはありません。

ですが、安価なものを過剰に飲むようなことはさせず

質の良いものを適量飲むようにしたいなと思います。

 

多くの事柄について、様々な情報が飛び交う昨今、

私は、少しでも気に留まることについては、

まずは試してみることにしています。

息子や家族そして私、皆それぞれの体質に合うものは違います。

だからこそ、固定概念に捉われずに、

個々に合うスタイルを常に探すよう、

気にかけながら暮らしていきたいなと思います。

 

皆さまも、何か不調を感じられた際には、

身体からの悲鳴の声に耳を傾け

ご自愛いただけましたら嬉しいです。

 

◇昨日も、★やはてブ、コメントを下さりありがとうございました。

> id:yuyukoo さん、

ありがとうございます!

ぜひお試しされてみてください。

私は、バジルを加えたり、ナツメグクローブなど入れることもあります。

はちみつの代わりにメープルシロップを加えるとコクが出るなどなど、

オリジナルのケチャップ作りを楽しんでもらえたら嬉しいです!

お勧めスパイスなど発見がありましたら、ぜひ伝授してください^^

 

> id:matorupt さん、

ありがとうございます!

少しでもお役に立て嬉しいです。

私も市販のケチャップやおソース、マヨネーズは

少し抵抗があるので...代用には常々悩みます^^;

なるべくシンプルな素材で手作りするように心がけています。

 

> id:tukkoman さん、

コメントを頂き、ありがとうございます!

お味や食感など、お好みのケチャップが作れるので

宜しければ、お試しされてみてください^^

 

それでは、

皆さま、今週も良いスタートとなりますように...

 

▼▽ランキングに参加しています▽▼

いつも温かい応援を、ありがとうございます^^

↓下記画像クリックをして頂けますと、大変嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ 

 

↓「暮らし」に役立つノウハウが満載。

とても楽しい、お勧めのブログメディアです。

 

皆さまからの応援のおかげで、Blogを通し、

より多くの方へ想いをお伝え出来ることを、

心より感謝申し上げます。 

 

本日も、最後までお読み下さり、ありがとうございました。